menu

イベント情報Event

終了いたしました。

市川ゆかりの作家展 土屋恭子 絵画展  誘いの夢   

開催日 2020年1月23日(木) 〜2020年2月2日(

27日(月)は休館

時 間 9:30 〜 16:30
(入館は16:00まで)
会 場 木内ギャラリー
料 金 入場無料
主催お問合せ (公財)市川市文化振興財団(市川市木内ギャラリー)
備考お車でのご来館はご遠慮ください

開催概要

市川ゆかりの作家展では、市川市在住の画家 土屋恭子氏の作品をご紹介いたします。

 

 本展では油画、テンペラなどの絵画作品約20~30点の展示を予定しております。また、会期中には関連イベントとして土屋氏が講師となりコラージュをしてオリジナルのデコレーションボックスを作るワークショップを開催いたします。土屋氏ならではの不思議な作品の世界を是非ご覧ください。

 

 

【展覧会によせて】

 

記憶が無いと均衡(バランス)が崩れる。
人は、記憶を頼りに生きている。
何処か見覚えのある風景も
産まれる前から
細胞の中の街角に宿る。
時の流れと感情の残像が
心地よい闇の記憶に
置き去りにされている様な気がして
その闇を描き探る

 

画家 土屋恭子

 

 

 

 

 

関連イベント

ワークショップ「コラージュしてみよう」

カラフルな紙やマスキングテープなどを自由に構成してデコレーションボックスを作ります

募集定員に達しました。ご応募いただきありがとうございました。

日時:2月1日(土) 13:30~15:00

会場:木内ギャラリー

講師:土屋恭子

定員:10名

対象:6歳から小学6年生まで

参加費:500円(材料費込)

    1月7日(火)10:00より受付 ※要事前申込、先着順

お問合わせ・お申込み:木内ギャラリー 047-371-4916

 

作家略歴

土屋 恭子(つちや きょうこ)

1978年  山梨県甲府市出身
2003年    多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業
       市川市在住

 

[グループ展]

2004年 ル・サロン展(パリ)銅賞/ジャン・ピエール・コ・ベルジェ賞

2005年   新制作展

2006年 新制作展

2011年 現代児童画展(上野の森美術館)奨励賞

2012年 NOW HERE展(山梨県立美術館)

2013年 越後湯沢全国童画展(寄贈) 

2014年 青木画廊(銀座)

2016年 青木画廊(銀座)

2017年 IFAA定例展

2017年 画廊 珈琲zaroff

2018年 越後湯沢全国童画展(寄贈) 

2019年 画廊 珈琲zaroff 

     NOW HERE展(山梨県立美術館)

[個展]

2009年 青木画廊ルフト(銀座)

2010年 青木画廊ルフト(銀座)

2012年 三彩洞(甲府)

2013年 Galerie・Or・Terre(京橋)

2014年 三彩洞(甲府)

2015年 Galerie・Or・Terre(京橋)

2017年 Galerie・Or・Terre(京橋)ほか

 

作品紹介

《感情の残像》2018年  《感情の残像》2018年 

《蘇る深い記憶》2018年 《蘇る深い記憶》2018年

《重なり合う時間》2019年 《重なり合う時間》2019年

作品は独特の世界観を醸し出す油彩画。コラージュした下絵をもとに彩色を重ね、試行錯誤を繰り返し生み出されます。展覧会によせたコメントの中の「記憶」というキーワードを紐解くならば、作品の制作は作家自身の「記憶の場所」探しの旅なのかもしれません。結婚、出産といった生活の変化とともに、無機質なものから子どもや動物が登場するようになった作品の世界は、私たちに不思議な重力感を与え、記憶の旅へと誘います。

木内ギャラリー

〒272-0826 千葉県市川市真間4-11-4 TEL:047-371-4916 開館時間:9:00~17:00
休館日:毎週月曜日(※祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)

MENU

PAGETOP