お知らせ ローズメンバーズ(友の会) アクセス案内 チケット購入方法 お問合わせ お客様アンケート イベントガイド

市川市文化会館 行徳文化ホールI&I 芳澤ガーデンギャラリー 木内ギャラリー 清華園(中山文化村) 郭沫若記念館 水木邸

ホーム文化振興活動 ≫ 市川よみっこ運動
文化振興活動

市川よみっこ運動

「よみっこ運動」は読書を通じて子どもたちと大人が交流を深め、社会貢献をしようという地域運動です。
故井上ひさし(作家・前市川市文化振興財団理事長)さんが、イタリアなどで行われている運動を日本でも実現させたいと関係者に呼びかけ、2007年から、市川市に実行委員会をつくって取り組んでいます。

この運動には3つの目的があります。
1つ目は思考力や想像力をはぐくむ読書の習慣を子どもたちが身につけること。2つ目は大人たちが子どもたちのサポーターとなって応援し、地域の交流を生み出すこと。3つ目は本を読んだご褒美として受け取ったお金を子どもたちが社会に役立てることです。

これまでに市川市内の特別支援学校や千葉県立こども病院、国府台病院院内学級に本やパネルシアターを、八幡学園へ電子ピアノを、日本盲導犬協会へ引退した盲導犬のためのドックケア用品を寄贈してきました。

よみっこ運動の詳細

  • よみっこ運動とは

    作家の故井上ひさしさん(前市川市文化振興財団理事長)が提唱し、2007年から市川市で始めた、読書を通じて子どもたちと大人が交流を深め、社会貢献をしようという地域運動です。 詳細はこちら

  • よみっこ運動参加者の声

    参加者の子どもたち、保護者の方々、サポーターの皆様の感想をご紹介します。よみっこの子どもたちは学校生活の枠を越えて活躍しております。 詳細はこちら

  • これからのよみっこ運動

    子どもは地域の宝です。地域住民が温かく見守りながら、我が国の未来を担う本好きの子どもたちをみんなで育てていきましょう。ご支援とご協力をお願いいたします。 詳細はこちら

活動報告